サイトメニュー

症状が改善しないなら

聴診器

真面目な人ほど注意

仮面デプレッションは、治療による確定診断が行われることがほとんどです。これは、仮面デプレッションの場合、精神科にたどり着くまでに、さまざまな科や病院を経てきている場合が多いためです。一番わかりやすいのは、うつ病の治療薬である抗うつ剤で、しつこい身体症状がすっきり治ってしまうケースです。しかし、こうした臨床は雑になりかねないので、注意が必要です。大事なことは、どうしてうつ病が仮面をかぶってしまっているかということです。うつ病にかかりやすい人は、無理して自分の感情を抑える傾向にあります。こうしたタイプの人がうつ病になると、うつ病の症状を隠そうとする人が多いです。これは、うつ病にかかったことを恥じてではなく、自分が元気がないと周囲に嫌な感じを与え、迷惑をかけるのではないかと考えるからです。医者にかかった時も同様に、常々、感情を飾って不快感を与えないことが習慣になっているので、ニコニコしていることもあります。そのような様相で、内科を訪れる人は多く、仮面デプレッションと気づかないことがほとんどです。近年、うつ病に詳しい内科医も増えてきていますので、仮面デプレッションと気づける医師も増えてきていますが、現在の状況をきちんと伝えることが大事になります。主に、仕事や育児、家事などの辛さや、以前に楽しめていたことが楽しめているかなどを伝えることが重要です。仮面デプレッションは、軽症うつ病ですが、身体症状が強くでるため、正確な診断がつくまでに時間がかかることがあります。似たようなものに心身症がありますが、その場合、精神的な影響がストレートに病気になってあらわれます。胃が痛くなる、血圧が高くなるなど、もたらされる症状はたいてい一つであることがほとんどです。これに対して、仮面デプレッションは、一つの症状や病気に特定できず、さまざまな症状がすべて絡み合って症状をつくりあげているという状態になります。心身症であれば、あきらかに症状のある部位には病巣が認められます。そのため、胃が痛む場合には胃薬を服用すれば、ある程度の改善がみられますが、もし、改善されない場合は注意が必要です。仮面デプレッションである場合には、そうした治療の効果はほとんどありません。また、不快に感じる場所に病巣がみつかることもありません。うつ病の場合には、疲れやだるさ、めまい等、身体症状が先にでる仮面デプレッションタイプが非常に多いです。そのため、違う病名を告げられた人の中にも、仮面デプレッションが多く存在しています。原因がわからない、症状が良くならないときは注意が必要で、もしかしたらうつ病かもしれないと疑って精神科を受診することも大事です。

うつ病の症状のひとつです

医者と看護師

仮面デプレッションは、仮面うつとも呼ばれており、精神症状よりも体の不調のほうが強く出る傾向があります。胃の痛みやもたれ、下痢や軟便が続く、肩こりや生理不順などが見られる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診しましょう。

詳しく見る

心身症とは異なる

女性

仮面デプレッションは、身体症状が強く、うつ病の病巣が隠れているうつ病のことです。精神科以外を受診するケースが多いため、正しい治療にたどり着くまでに時間がかかります。医療機関を探すときは、治療方針が明確な医師が常駐しているところがベストです。

詳しく見る

特徴のある精神病

男性

良くある精神病とは性質が違う仮面デプレッションは、精神状態がそれほど悪化しない特徴があります。治療は普通の精神病と同じ形で行うので、大きな費用はかかりづらく保険などを利用すれば支払いを小さくできます。

詳しく見る

自覚がないうつ病

女性

うつ病の一種である仮面デプレッションは、精神的な症状よりも肉体的な症状が強く現れ、うつ病という自覚がないのが特徴です。治療するには抗うつ薬を用いるほか、休養を取るなどしてストレスを緩和することが大切です。

詳しく見る

人気記事

男性

特徴のある精神病

良くある精神病とは性質が違う仮面デプレッションは、精神状態がそれほど悪化しない特徴があります。治療は普通の精神病と同じ形で行うので、大きな費用はかかりづらく保険などを利用すれば支払いを小さくできます。

女性

自覚がないうつ病

うつ病の一種である仮面デプレッションは、精神的な症状よりも肉体的な症状が強く現れ、うつ病という自覚がないのが特徴です。治療するには抗うつ薬を用いるほか、休養を取るなどしてストレスを緩和することが大切です。